在宅勤務をやって『良かったこと』『困ったこと』について

在宅勤務は会社に通わないから快適?

それとも集中が出来なくって辛い?

 

実際に在宅勤務をやってみて、

「良かったこと」「困ったこと」を簡単にまとめてみました。

 

さきに「良かったこと」をあげると、

次のようになりました。

 

・会社に通勤しなくっていい

・出社する準備や移動のために朝早起きしなくっても大丈夫

・通勤しなくっていいので、雨の日に濡れる心配がない

・外部からの電話対応、お茶出しなどの雑用を頼まれることがないので自分の作業に集中しやすい

・仕事が早い人は自由時間が作りやすい

・体調が良くないとき、上司や同僚の目を気にしないで休憩しやすい

f:id:kanatasaya:20200425180253j:plain

中でも一番良かったのは

「通勤しなくっていい」ことでした。

 

特に満員電車のストレスがなくなったのが嬉しかったです。

 

満員電車に苦戦した時のマンガです。

暇つぶしにどうぞ↓

f:id:kanatasaya:20190916180553j:plain


次に在宅勤務で「困ったこと」はこちらになります。

 

・仕事、家事、家族との時間の調整など、自己管理が難しい

・自分のペースで仕事をするので、気をつけないと働き過ぎてしまう(もしくはは怠けてしまう)

・家で仕事をしているため注意しないと運動不足になりやすい

・座りながら長時間パソコンを見がちなため、「肩こり」「腰痛」「目の疲れ」がひどくなりやすいので注意が必要

・何か仕事で分からないことや困ったことがあっても、すぐに同僚や上司に聞くことができない

f:id:kanatasaya:20200425182252j:plain

人によると思いますが、私の場合は集中しすぎて「働き過ぎてしまう」ことが大変でした。

 

実際に働き過ぎて、力尽きてしまった時の話はこちら↓

 

ここまでが在宅勤務をやってみて感じた

「良かったこと」「困ったこと」の一覧になります。

 

家で仕事をするからこそ、

注意しないといけないことはありましたが

通勤ストレスがない在宅勤務は自分にとって快適なものでした。

 

とはいえ、

家で仕事をするのが合わない人もいます。

 

どんな人が在宅勤務に「向いてる」、

「向いていない(またはやるのが厳しい)」のかを次回お話したいと思います。

 

※2020/4/29にタイトルの一部を変更しました。