コンサルに挑戦して失敗!提案が一つも採用されなかった理由

「 力を貸してくれないか?」

海外で飲食店をやっている知人のSさんから突然来た連絡。

 

話を聞くと、コロナでお客さんが激減してしまったお店の再生を手伝ってほしいと頼まれた。

f:id:kanatasaya:20210218193658j:plain

協力するのは構いませんでしたが、

一つ気になることあった。

 

依頼を受けた私は飲食店について何も経験がない。

そんな私にお店の立て直しという重要な使命をお願いして大丈夫なのか?

 

この疑問に対してSさんは意外にも問題ないと返しました。

それどころか「どんな提案でもいいから何か思いついたら言ってほしい!」とまで付け加えた。

f:id:kanatasaya:20210218193713j:plain

飲食店に関して何も知らない私にまで助けを求めるとは⋯⋯。

Sさんの必死な姿に私は決意した。

 

『何事もやってみないとわからない!やれるだけやってみょうー!』

こうして、コンサル経験ゼロのSさんのお店再生プロジェクトが始動した。

f:id:kanatasaya:20210218193728j:plain

 

結果はというと⋯⋯惨敗でした。

f:id:kanatasaya:20210218193740j:plain

いくつか提案をしてみたものの、

一つも採用されませんでした⋯⋯。

 

なぜ提案が採用されなかったのか。

原因はあらゆる点に関する調査不足。

 

まずSさんが経営する飲食店があるのは日本ではなく、フィリピンの地方。

 

お店は車で来るのが必須のショッピングモール内にあり、主なお客さんはショッピングモールで働く人達。その地域ではネット環境が整っている人が少ないため、ネット通販は盛んではない。

 

Sさんのお店にはこういった背景があるにも関わらず、私はそれらを考慮した案でなく、ただ思いついたことを提案したのでした。

 

それにより、こんなやり取りが発生することに。

 

提案①:ネットでお店のオンラインショップを開くのはどう?

Sさんの返事→お店の主なお客さんは店舗があったショッピングモールで働く地元の人達で、この地域ではネットができない人が多いから厳しい。

 

提案②:お店のドライブスルーをやってみるのは?

Sさんの返事→ショッピングモールの中にお店があるので残念ながらできない。

 

提案③:テイクアウト専門店だけやるのは?

Sさんの返事→お店があるショッピングモールは人がいる住宅街とかから遠いから厳しい。せめて人が徒歩でも来れる場所にお店があったら⋯⋯。

 

こんな感じで次々と提案を却下され、

f:id:kanatasaya:20210218193804j:plain

 

エンディング名「全て不採用」を迎えてしまったのでした。

f:id:kanatasaya:20210218193740j:plain

失敗で終わってしまったお店の再生プロジェクト。けれどSさんは落ち込む私と違って、すぐに気持ちを切り替えていました。

 

ビジネスは経済の状況に左右されるから仕方がない。もしかしたらこうなる運命で今が転換期かもしれない。

 

自分の方が大変にも関わらず、私をフォローしながらSさんはさらにお礼まで言ってくれました。

(※ちなみにその後、Sさんは新しい事業を始めて再出発したのでした)

 

確かにSさんの言うように経済の状況も合わせてお店の再生はできず、事業をそのもの見直す時期だったもしれない。

 

でも他に何か良い方法があったのでは⋯⋯と今でも考えでしまいます。

 

この飲食店再生プロジェクトの挑戦を振り返りながら、私は「しっかり調べる力」の重要性を再認識したのであった。

 

【オマケ】

f:id:kanatasaya:20210218193816j:plain

 リセットボタンどこかにありませんか?