「海外就職」持ち物の失敗で仕事がピンチ?!になった話

f:id:kanatasaya:20190511190510j:plain

f:id:kanatasaya:20190512012436j:plain

f:id:kanatasaya:20190512012314j:plain

f:id:kanatasaya:20190511190741j:plain

f:id:kanatasaya:20190511190755j:plain

家で仕事の翻訳中にネットが切れて検索できなくなった時、

日本から辞書を持ってこなかったをとても後悔しました⋯⋯。

ちなみに私が辞書を持ってこなかった理由は、

 

①わからないことはネットで検索すれば大丈夫でしょう。

②仕事で使う用語は会社に入ったら自然に覚えるからいいか!

③辞書は荷物になるし、なんとかなるからいいや。

 

という、謎の自信に満ちたとても甘いものでした。

 

これにより、就職先のフィリピンの不安定なネット環境で痛い目にあいました。

 

※職場でもネット接続に苦戦させられた話はこちら

www.qriter-kana.com

 

この経験から私は次のことを猛反省しました。

 

・ネットがつながらない事態に備えて、辞書または電子辞書を持ってくるばよかった。

・せめて就職した会社の業界に関する専門用語の日英一覧を用意するべきだった。

 

この反省から私は次の日、許可を得たうえで業界の専門用語を日英一覧をもらいました。 

 

 

【オマケ】

f:id:kanatasaya:20190511193257j:plain

f:id:kanatasaya:20190511193317j:plain

ダメもとで念を送ったり、

高いところに登って電波を復活させようとしましたが,

もちろん電波が復活するわけがありませんでした

 

幸いにも、しばらくしたら電波が戻って無事に仕事を終えられました。

 

※タイトルを変更しました(2019/5/14)