初投資に挑戦②投資を始める前に決めたこと『投資種類・方法・口座など⋯⋯』

投資を始める前に、決めることが意外とあります。

 

投資はどの種類はどうするか?

投資方法はどれぐらいにするか?

口座はどの種類のものするか?

税金がお得になるNISAをやるのか?
証券口座をいくつ開くか?

資金はいくらまでにするか?

f:id:kanatasaya:20210806165038j:plain 

うわ⋯⋯どれを選べばいいのか悩む⋯⋯。

 

そう考え込まないように、私はある作戦を実行した。

 

それは、シンプルに考えること! 

f:id:kanatasaya:20210806165053j:plain

自分は投資の初心者!

難しいことは考えないでまずは簡単なことから始めよう!

 

まずは投資の種類。

これは上がったら売る、下がったら買うが基本の【株式取引】一つで決まり!

 

投資信託

プロが代わりに運用してくれる色んな金融商品が入っているパッケージ商品ね。

まったく自信がないので今回はパス!

 

ETF

上場しているのが一番大きな違いの投資信託とほぼ同じものね。

これも自信がないので、見送りさせて頂きます!

 

積立投資?

毎月コツコツと同じ投資信託を買うのが特徴で、ドルコスト平均法というリスクを少なくできる投資スタイルができるものね。

興味はあるけど、投資の経験を積んでからやってみたいので今回はなしで!

 

うん?

 

株の取引きの他にもFXや不動産・金・仮想通貨投資もあるって?
どれも私にはレベルとリスクが高く、お金もないので全部パスにさせて頂きます!

 

では、次に投資方法をどうするか。

最初は一つの株に投資して、慣れたら他の株も少し買う【分散投資】で!

投資期間は買った株が価格が上がるまで待つユルユルな【長期投資】でやります。

 

次、口座はどれを選ぶか。

証券会社の口座を開くときに次の三つの口座がある。

 

源泉徴収ありの特定口座

(※税金は引かれる代わり、確定申告する必要がない口座)

源泉徴収なしの特定口座

(※税金の計算はなし。所得や得た利益によって確定申告する必要がある口座)

・一般口座(※損益計算と確定申告を自分でやる必要がある口座)

 

税金の計算をやる自信がなく、後からでも口座を変更できるらしいので【源泉徴収ありの特定口座】を選ばさせて頂きました。

 

さて、まだまだ決めることがある。

次は税金が優遇される【NISA】をやるかどうか決めなくては。

期間限定で一定の額まで税金がかからない【NISA】はぜひやりたい!

 

でも待って⋯⋯。

【NISA】の口座は一人につき一つだけ。

しかも【NISA】には『一般NISA』と『積立NISA』の2つがあり、どちらかしか選べない。さらに、2024からは『一般NISA』が『新NISA』に生まれ変わる予定がある。
(※2021/8/12時点)

 

⋯⋯。

ちょっと様子を見てから決めようかな。

ということで【NISA】口座は保留にしました。

そうと決まれば、次は証券会社の口座をいくつ持つか。

 

独自のリサーチの結果、どうやら目的に合わせて複数の証券会社の口座を持っていると便利らしい。

 

たくさん口座があっても管理するのが大変になりそうなので、口座は3つまでにしました。

 

そして、いよいよ私にとって最も慎重に決めなければならないこと。

投資用の資金をいくらまでにするか⋯⋯。

 

慎重な一人会議を繰り返した結果、それぞれ数十万円を3つの口座に入れることに決めました。

 

同時に始めての投資で損してお金がなくなっても、これ以上のお金は使わないと自分に誓いました。

f:id:kanatasaya:20210806165121j:plain

こうして、「シンプルに考える」作戦 のおかげで投資を始める準備が整った。

 

決めたことの一覧にすると、こんな感じになりました。

 

挑戦する投資の種類:株式取引のみ

投資方法:複数の株に投資する分散投資

期間は価格が上がったら売るユルユル長期投資。

口座の種類:源泉徴収ありの特定口座

NISA口座の開設:保留
証券口座の数:3つ

投資用の資金:各口座に数十万円ずつ

 

さっそく決めた通りに、証券会社の口座を3つ開設しました。

これでやっと株式取引ができる!

f:id:kanatasaya:20210806165108j:plain

次回、いよいよ始めての株を買います!

 

※続きはこちら↓

 

※2021/8/14 記事のタイトル変更しました。

  

【オマケ】

f:id:kanatasaya:20210806165150j:plain

もったいないので食べました