無職になったら貰える『雇用保険(失業保険)』受給条件、手続きなどについて

無職になると多くの人が心配する「お金」。

 

その不安を和らぐことが出来る雇用保険(主に失業保険)』情報と疑問点についてまとめてみました。

 

ー目次ー

失業保険をもらうための条件

失業保険をもらえない人

失業保険の申請先

失業保険の受給するまでの流れ

重要なホームページ一覧

失業保険の他にもらえる手当について

失業保険についてよくある質問

その他の疑問

ー失業保険はアルバイトでも受給できる?

ー雇用保険に入っているかどうか分からない

ー「受給資格証」「失業認定申告書」をなくしてしまった

ー失業保険をもらっている時に仕事(アルバイト)しても大丈夫?

ー仕事をしてはいけない待機期間中にアルバイトしてしまった!どうすればいい?

ー失業認定日に行けない時はどうすればいい?

★新型コロナウィルス感染防止のため、失業認定日にハロワークに行かなくっても手続きする方法はある?

 

【※注意】新型コロナウィルスにより、説明会の中止や手続き方法の変更がよく発生しています。

紹介したホームページやハローワークから最新情報をこまめに確認することをおすすめします。

 

【失業保険をもらうための条件】

失業保険をもらうためには、雇用保険に加入している必要があります。

 

会社を辞める前の2年間の間に、雇用保険に合計で12か月以上加入」していれば失業保険を申請することができます。

f:id:kanatasaya:20200408190703j:plain

なお、会社の都合(倒産や解雇)により仕事を失った場合は「退職する前の1年間の間に、雇用保険に合計で6か月以上加入」で失業保険の受給ができます。

 

この条件を満たしていれば、どの雇用形態派遣社員契約社員、アルバイト)でも失業保険の申請をすることができます。

 

【失業保険をもらえない人】

「病気」「けが」「出産」「育児」「定年退職後にゆっくりしたい」など、すぐに仕事ができない人は失業保険の対象外になっています。

f:id:kanatasaya:20200409165943j:plain

 参照元:下記ページの『受給要件』より

www.hellowork.mhlw.go.jp

 

その代わり、申請できる他の手当があります。

失業保険の他にもらえる手当について

 

【失業保険の申請先

失業保険の申請をする場所は住まいの管轄のハローワークになります。

他のハローワークに行っても受付が出来ないため、必ずどこのハローワークなのか確認が必要です。

 

管轄のハローワークはどこなの?を知りたい方はこちらのページから確認できます↓

www.mhlw.go.jp

【失業保険の受給するまでの流れ】

『失業保険 』の申請と受給までの流れは次の通りになります。

 

①会社を退職する

f:id:kanatasaya:20200409170734j:plain

f:id:kanatasaya:20200409182852j:plain

②会社から離職票を受け取る

(※退職から約1週間後ぐらい)

f:id:kanatasaya:20200409170827j:plain

 

f:id:kanatasaya:20200409182852j:plain

 ③ハローワークに行って失業保険を申し込む

f:id:kanatasaya:20200409170951j:plain

 ※このときに必要な持ち物については下記の

ハローワークインターネットのページで解説しています↓

(リンク先:ハローワークインターネットサービス)

f:id:kanatasaya:20200409182852j:plain

④7日の待期期間があるので、待機する


f:id:kanatasaya:20200409171930j:plain

f:id:kanatasaya:20200409182852j:plain

 ⑤「受給説明会」に参加する

f:id:kanatasaya:20200409172038j:plain

※説明会持っていく物

雇用保険受給資格者のしおり

・印鑑

・筆記用具

f:id:kanatasaya:20200409182852j:plain

⑥初回認定日にハローワークに行く

このとき、退職した理由によって失業保険がもらえるタイミングが変わります。

 

会社都合の場合(倒産や解雇)

→給付制限なしで、認定日の数日後に指定した銀行に失業保険が振り込まれる。

 

自分都合の場合(自分から退職した場合

→給付制限3か月あり

(※3か月間、失業保険がもらえない)

この3か月のあとの第2回認定日以降にようやく失業保険が もらえる

f:id:kanatasaya:20200409173239j:plain

※初回認定日の持ち物

雇用保険受給資格者証

・記入済みの失業認定申告書

・印鑑(訂正するときに使います)

・アンケート(渡された場合)

 

 

※2回目の認定日以降の流れ※

4週間ごとにハローワークに行って失業認定を受ける。

また、その4週間の間に失業認定をもらうための求職活動を行う必要があります

 

どんな活動が『求職活動』になるかは、下記ホームページの「求職活動の範囲」からどうぞ

www.hellowork.mhlw.go.jp

 【注意!】2020年4月時点、ハローワークが開催しているセミナーが全て中止になっています。開催時期は未定とのことです。

 

【重要なホームページ一覧】

住んでいる都道府県のハロワークのホームページ以外で、厚生労働省都道府県ごとの『労働局』のホームページでは失業保険に関する「雇用保険説明会」セミナー」「認定日」などの重要なお知らせを公開しています。

 

 そのため、定期的にこの2つのホームページを確認することをおすすめします。

(※新型コロナウィルスの対応に関する情報も公開されています)

 以下、リンク先になります。

厚生労働省のホームページ↓

www.mhlw.go.jp

それぞれの都道府県の労働局一覧のページ↓

www.mhlw.go.jp

 

【失業保険の他にもらえる手当について】

仕事に就くための勉強をしながらもらえる

「受講手当」「通所手当」

病気やけがにより仕事に就くの厳しい人がもらえる「傷病手当て」など失業保険の他にもらえる手当があります。

 

それぞれの手当の条件や詳細について、

こちらのハローワークインターネットのページから確認できます↓

www.hellowork.mhlw.go.jp

 

【失業保険についてよくある質問】

こちらによくある質問の一覧があります↓

www.hellowork.mhlw.go.jp

 

【その他の疑問】

Q.失業保険はアルバイトでも受給できる?

A. アルバイトも失業保険はもらえます。詳細についてはこちら→失業保険をもらう条件とは?

 

Q.雇用保険に入っているかどうか分からない・・・。

A.会社から渡される給料の明細書を確認して、明細書に「雇用保険」の項目がある場合は加入していることになります。

f:id:kanatasaya:20200409175122j:plain

 

明細書を見ても不明なときは、会社の人事に加入状況を聞くのもありです。

f:id:kanatasaya:20200408190759j:plain

 

Q.「受給資格証」「失業認定申告書」をなくしてしまった。

A.「受給資格証」に関しては再発行をハローワークにお願いできます。

「失業認定申告書」はハロワークで別のものをもらうか、下記のホームページからダウンロードして印刷ができます。

 

※印刷をする場合は、下記のページの下にある「個人情報の取り扱い~」の同意してチェックを入れた後、隣にある『印刷』ボタンを選択することができます。

hoken.hellowork.mhlw.go.jp

 

Q.失業保険をもらっている時に仕事(アルバイト)しても大丈夫?

A.下記のように、状況によって仕事してはいけない時があります。

 

7日の待期期間中→仕事はしてはいけない

給付制限中→仕事は可能(制限あり)

失業保険を受給中→仕事は可能(制限あり)

 

※仕事は「一日4時間」「週20時間」までなら申告すれば大丈夫そうですが、必ず自分が住んでいる地域のハローワークに問題がないか確認するとより安心です。

 

Q.仕事をしてはいけない待機期間中にアルバイトしてしまった!どうすればいい?

f:id:kanatasaya:20200409180940j:plain

A.ハローワークに待期期間中に仕事をしたことを申告すれば大丈夫です。

ただ仕事をした日の分、失業保険をもらうのが遅れますのでご注意ください。

 

f:id:kanatasaya:20200409181253j:plain

※仕事したのに申告をしないと、バレたら罰金が発生するので仕事の申告を忘れないように!

 

Q.失業認定日に行けない時はどうすればいい?

A.ハロワークに事情を説明して認定日を変更することが可能な場合があります。

該当するハローワークに相談してみましょう。

 

★Q.新型コロナウィルス感染防止のため、失業認定日にハロワークに行かなくっても手続きする方法はある?

 A.2020年4月時点、ハローワークにより郵送での失業認定を受付が可能な場所もあります。

人ごみを避けたい方は、住んでいる地域の

ハローワークに郵送での受付をしているかを確認するようご注意ください。

 

ちなみに失業認定の申告を郵送で行う場合、

送るものは下記3点になります。

・雇用受給資格者証

・記入済みの失業認定申告書

・返信用封筒

f:id:kanatasaya:20200408194125j:plain

※参考として、東京ハローワークが公開している「郵送による認定方法」の詳細をリンク先からどうぞ↓

https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-hellowork/content/contents/000618505.pdf

 

 

この他に不安なことや調べて分からないことがあったら、迷わずハローワークへご確認を!

f:id:kanatasaya:20200408185355j:plain