ベーシックインカムで期待されているメリットと心配なデメリットについて

国から生活費がもらえる制度

ベーシックインカム

 

f:id:kanatasaya:20200517152420j:plain

 

人不足問題・機械化などによる失業率の一つの対策として

 あげられてるベーシックインカム

 

そんな「ベーシックインカム」が導入されたら生活はどうなるのか?

 

まずベーシックインカム導入で大きく期待されているメリットは、

 

人々が労働とお金の問題から解放されること。

 

毎月の生活費がもらえると分かれば、

体を壊してまで長時間働く必要はない。

 

空いた時間に趣味を楽しむこともできる。

 

その結果、

 

ベーシックインカムのおかげで心に余裕を持って幸せに暮らせる社会になる

という意見があります

f:id:kanatasaya:20200517152430j:plain

 

 しかし。

一方でベーシックインカムのデメリットについて心配する声も。

 

その一つはベーシックインカムが導入されたら誰も働かなるのでは⋯⋯?」

 

f:id:kanatasaya:20200517152456j:plain

 

テクノロジーが発達しているとはいえ、

人手が必要な仕事はあります。

(技術さらに進んで、全ての作業が全自動で出来るようになったら話はまた変わりますが⋯⋯

 

ベーシクインカム制度が導入されたら、

 

『生活費もらえるのになんで辛い思いまでして仕事をしないといけないの?

 

そう考える人が増えて、

仕事をする人がさらに減ってしまうのでは⋯⋯という意見もあります。

 

そしてもう一つの心配点は、

ベーシックインカム」の財源をどうするのか。

f:id:kanatasaya:20200517152443j:plain

 

人達の生活費を払うのはいいが、

そのお金をどうやって用意するの⋯⋯?

 

ベーシックインカムを導入するなら、

避けては通れない課題です。

 

労働・お金の問題から解放される期待。

働く人がいなくなる・財源をどうするかの心配。

 

ベーシックインカム」制度が導入されるかはまだ分かりません。

 

そして、

もしベーシックインカムがもらえたら人は働かなくなるのでしょうか?

 

気になった私は周りの人たちにゆる~く聞いてみました。

 

いただいた答えについては次回、

まとめてご紹介したいと思います。

 

 【オマケ】

f:id:kanatasaya:20200615154938p:plain

時代の変化が早い